道成寺 | 日高おでかけナビ


おでかけナビにお店を掲載してみませんか?

HOME<<歴史・文化・伝承<<切目王子

 

切目王子
印南町西ノ地328

 

 


 

切目王子は、熊野九十九王子のうちでも藤白・滝尻王子などとともに社格の高い五体王子の一つである。

その草創は古く、旧記によると崇神天皇の時代といわれている。平安時代以降、熊野御幸が盛んになるにつれて、当社はますます尊崇され『中右記』『熊野御幸記』『為房卿記』などの有名な古文献に詳細な記述がみられる。

正治2年(1200)後鳥羽上皇が当社で催された歌会詠草が『切目懐紙』(国宝)として現存する。

本殿は熊野造で、文政11年(1828)の建築になる。境内には県指定の天然記念物で樹齢約300年のホルトノキがそびえたっています。

毎年10月第3日曜日に切目祭がおこなわれます。

 


基本情報

名前 切目王子 (キリメオウジ)
所在等 印南町西ノ地328
アクセス

JR利用の場合/
車を利用の場合/

その他情報  
URL